1more E1001 triple 3ドライバー・ハイブリッド・ハイレゾ対応イヤホン 国内発売!

2016-05-01 17:38:52

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
1MORE E1001 【ハイレゾ対応/3ドライバーハイブリッドイヤホン】



e☆イヤホンは、中国の新鋭ブランド「1more(ワンモア)」の取り扱いを開始。「E1001」など3モデルの国内独占販売を4月16日より開始します。・E1001(ハイレゾ対応/3ドライバーハイブリッド)  ¥13,820(税込)・EO323…(2ドライバーハイブリッドイヤホン)  ¥10,580(税込)・1M301 ¥4,290(税込)同ブランドは、元Foxconn在籍の創業者4人が2013年に設立した新鋭ブランド。オーディオ業界では、中国XIAOMIのOEM元として知られます。今回の製品は、いずれも、内容に比して国内メーカー品に比べて安価なのが魅力。高級感のある外観や、しっかりとした製品クオリティにも自信があるようです。コストパフォーマンスと音質に優れた音響機器を造ろうということで立ち上げた会社なだけに、e☆イヤホンでもコストパフォーマンスのよさを強調しています。3製品とも、最終チューン/仕上げにおいて、ラテングラミー賞を受賞したサウンドエンジニアLuca Bignardi(ルカ ビグナルディ)とコラボレーション。アーティストのプレイを忠実に再現されたチューン/調整が図られているとしています。いずれも3.5mmプラグを採用し、ケーブル長は1.25m。ケーブルの線材にはエナメル銅線を採用。また、iOS/Android両方に対応するマイクリモコンも備えています。ここではハイレゾ対応かつ3ドライバーハイブリッドのE1001をご紹介。バランスド・アーマチュアドライバー2基とダイナミックドライバー1基の合計3ドライバーによるハイブリッドイヤホン。再生周波数帯域は20Hz~40kHzと、ハイレゾ領域の高音域再生能力を備えた「ハイレゾ対応」機。製品パッケージにもしっかりとハイレゾロゴマークが印刷されています。感度は98dBで、インピーダンスが32Ω。重量は18g。高品質で軽量のアルミ合金ボディ、人間工学に基づいたデザイン、高耐久性のケブラー素材のケーブルを特徴にします。イヤーピース(シリコン6セット・フォームチップ3セット)・ハードケース・航空機用アダプター付属。国内発売前から購入している愛好家はすでに多数いるようで、音質や使い勝手、コスパなどの評価も定まりつつあるようです。
引用元: ・【5000~】中価格の中華イヤホンPart2【~20000】http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1459055420/

近い時期に投稿された記事

Marantz Professional MPH-2 ほか同社初のヘッドホン どこかのOEM?

Marantz Professional MPH-2 ほか同社初のヘッドホン どこかのOEM?

2016-05-01 17:38:55

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
marantz Professional マランツ / MPH-2 密閉型ヘッドホン【予約注文/4月22日発売予定】【WEBSHOP】
inMusic Japan(株)は、同社が取り扱うMarantz Professionalより、同ブランド初となるヘッドホン「MPH-2」「MPH-1」の2機種を4月22日に発売。価格は、MPH-2が6,980円(税抜)、MPH-1が3,980円(税抜)。MPH-2は、日常使いからスタジオでのモニタリングまで幅広く対応するという上位モデル。口径50mmのダイナミックドライバーを搭載する密閉型のオーバーイヤータイプ。本体は、片耳でのモニタリングがしやすいように、180度回転させられるフレーム機構を採用。また、折りたたみにも対応し、携帯性にも配慮。リケーブルにも対応し、付属ケーブルは長さ約3mで、プラグ形状はステレオミニ。標準プラグ変換アダプターを同梱。インピーダンスは32Ωで、感度は100±3dB、周波数特性は10Hz~30kHz。定格出力は300mW。MPH-1は、軽量性を高めたコンパクトな下位モデル。口径40mmのダイナミックドライバーを搭載する密閉型。本体には高品質ステンレス製の伸縮アームを採用し、片耳でモニタリングがしやすい180度回転可能フレーム機構を採用している。ケーブル部は長さ約2.7mで、プラグ形状はステレオミニ。標準プラグ変換アダプターを同梱。インピーダンスは32Ωで、感度は95±3dB、周波数特性は15Hz~28kHz。定格出力は200mW。いずれも、音の傾向は、低音の再現性を高めているとしています。


引用元: ・低価格でナイスなヘッドホン 109台目http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1453461440/

UEブランドの米Logitech、BluetoothイヤホンのJaybirdを買収

UEブランドの米Logitech、BluetoothイヤホンのJaybirdを買収

2016-05-01 17:38:55

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
 JAYBIRD Bluetooth対応 カナル型イヤホン(JayBirdX2・ダークグリーン)
96: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 7cea-m98E) 2016/04/13(水) 12:31:16.49 ID:RCKdo6wZ0.net
Logitech(Logicool)がJaybird買収だってさ いまのUEブランドみたいな扱いになるらしい
引用元: ・【毎年元年】ワイヤレスで音楽を!35 【Bluetooth】http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1459208411/

音茶楽 Flat4-玄Ti Plus(KURO Ti Plus)ほか ハイレゾ対応イヤホン「Flat4-玄/緋」のチタン削り出しモデル

音茶楽 Flat4-玄Ti Plus(KURO Ti Plus)ほか ハイレゾ対応イヤホン「Flat4-玄/緋」のチタン削り出しモデル

2016-05-01 17:38:50

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
音茶楽 Flat4-玄Ti Plus (KURO Ti Plus)



音茶楽は、イヤホン「Flat4シリーズ」の新モデルとして、現在販売中の“玄弐型"と“緋弐型"の上位機となる「Flat4-玄Ti Plus(KURO Ti Plus)」と「Flat4-緋Ti Plus(AKA Ti Plus)」を5月27日より発売。価格はともに5万円(税抜)。これまでのFlat4シリーズ同様に、位相補正チューブの長さが異なる2タイプを用意することによる2モデル展開。外耳道長の標準用が“玄"、長めのユーザー用が“緋"という位置づけ。従来シリーズ同様に再生周波数帯域は35Hz~45kHzとハイレゾ領域をカバーしているのも同様。位相補正チューブを用いたツインイコライズドエレメント方式を採用し、カナル型の音質劣化の元凶となる、外耳道を塞ぐ事によって生じる6kHz付近の共振を抑えるというのが音茶楽イヤホンの謳い文句。新たに純チタニウム材から削り出しセンターキャビネットを採用したのが新シリーズ最大の特徴。これにより、「低音域から高音域まで付帯音の少ない抜けの良い音を実現することができた」としています。この削り出しセンターキャビネットは、日本の精密機器メーカー、TANOIの栃木県鹿沼工場で製造しているのも売り。ドライバーは玄弐型/緋弐型と同じく銅メッキプレート&ヨーク採用の10mmダイナミック型を方チャンネルあたり2基搭載。イヤーピースはコンプライのものに加えてシリコン製のSpinFitも付属。なお、4月29日・30日の「春のヘッドフォン祭2016」にて試聴展示と少量先行販売を行う予定になっています。
引用元: ・音茶楽のイヤホンhttp://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1382520735/

SATOLEX Tubomi DH298-A1 3900円のハイレゾ対応イヤホン!

SATOLEX Tubomi DH298-A1 3900円のハイレゾ対応イヤホン!

2016-05-01 17:38:55

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
【2016年04月29日発売】 サトレックス 【ハイレゾ音源対応】イヤホン(ブラック) DH298-A1Bk価格:3996円(税込、送料別)サトレックスは、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Tubomi」シリーズ2機種を4月29日に発売する。価格はブラックカラーで樹脂製の「DH298-A1」が3,700円、アルミハウジングでシルバーカラーの「DH299-A1」が9,200円。 「Tubomi」シリーズは、9mm径のダイナミック型ユニットを搭載したイヤフォン。再生周波数帯域20Hz~45kHzで、ハイレゾ再生に対応しつつ、リーズナブルな価格を実現しているのが大きな特徴。2モデルでハウジングの素材が異なり、DH298-A1は樹脂製。DH299-A1はアルミ削り出しとなっている。それ以外の主な仕様は共通。どちらも日本製。 音圧感度は104dB/mW。最大入力は100mW。インピーダンスは32Ω。ケーブルの長さは約1.2m。ケーブルやプラグを含めた重量は10g。入力プラグはステレオミニで、金メッキ仕上げされたストレート型。イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱.DH298-A1は国内メーカーのハイレゾ対応イヤホンでは最安価クラスです。この価格で日本製なのも驚き。サトレックスはホシデンの子会社で、近年は、ヘッドフォンのOEMなどを手がけていましたが、かつての自社ブランド「SATOLEX」を復活させ、Dnoteを使ったデジタルヘッドフォン「DH291-D1」などを発売しています。SATOLEXへの注目が高まりそうです。

引用元: ・低価格でナイスなイヤホン Part132http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1456033782/

上海問屋 DN-13578 4,999円のハイレゾ対応ハイブリッドイヤホン!

上海問屋 DN-13578 4,999円のハイレゾ対応ハイブリッドイヤホン!

2016-05-01 17:38:49

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
ハイレゾ対応 ハイブリッドイヤホン バランスドアーマチュア(BA)1基×ダイナミックドライバ1基 (913578)価格:4999円(税込、送料別)(株)ドスパラは、ハイブリッドタイプの上海問屋ブランドのイヤホン「DN-13578」を、発売開始。価格は4,999円(税込)。同社が展開するハイブリッド型イヤホン“問屋ハイブリ”シリーズの新モデルとして発売。バランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを1基ずつ搭載。40kHzまでの高域再生をカバーしており、問屋ハイブリ初の“ハイレゾ対応モデル”としてアピールしています。「ハイレゾを再生できるかどうか国内にて音響測定を行っている」と、一部の不安なユーザー?にも安心です。最大入力は10mW、感度は100dB/1mW、インピーダンスは27Ω。付属ケーブルは長さ約1.2mのY型で、プラグ形状は3極の3.5mmステレオミニ。イヤーチップはS/M/Lの3サイズを同梱。価格破壊を得意にする上海問屋ならではのハイコストパフォーマンスモデルがまた登場しました。




引用元: ・低価格でナイスなイヤホン Part133http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1460727136/

ヘッドホンのバランス端子がついに統一? JEITAが「5極φ4.4mmプラグ」規格化へ

ヘッドホンのバランス端子がついに統一? JEITAが「5極φ4.4mmプラグ」規格化へ

2016-05-01 17:38:48

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
【お取り寄せ】SILTECH(シルテック) DC-XLR-HD800-2M 【SENNHEISER(ゼンハイザー)HD800用 XLRバランス端子 2m】ヘッドホン用ケーブル【送料無料】


一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が、音楽鑑賞用ヘッドホンの規格「RC-8141C」を改正。新たに附属書として「ヘッドホン用バランス接続コネクタ」を規定。ヘッドホン/イヤホンのバランス駆動を行う際の接続端子は、各社が独自の端子や方法を採用している現状の打開がなされるか注目されます。形状はこれまでのアンバランス用ヘッドホンプラグ状。ただし、φが3.5mmでも2.5mmでも6.3mmでもなく、4.4mmという、これまでほとんど使われていなかったサイズ(DTMで使われるバンタムプラグは4.4mmなので、全く新しいサイズではありません)。GNDを加えた5極1本のプラグで、ピンアサインは先端からL+/L-/R+/R-/GNDとなっています。
引用元: ・【音質】DAP総合スレ59 (apple・SONY製品除く)http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1461019251/

Astell&Kern AK100II けいおん! エディション K-ON! 新製品発表も【ヘッドフォン祭 2016】 

Astell&Kern AK100II けいおん! エディション K-ON! 新製品発表も【ヘッドフォン祭 2016】 

2016-05-01 17:38:46

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
【5月27日発売 発売日お届け】Astell&Kern AK100II けいおん!K-ON! エディション ローズゴールド [AK100II-K-ON-EDITION-RGLD]価格:99800円(税込、送料無料)
アユートは、4月29日、30日に中野サンプラザで開催される「春のヘッドフォン祭 2016」の出展概要を発表。29日に新製品発表を行なうほか、ポータブルオーディオプレーヤー「AK100II けいおん! エディション」を参考出展。「けいおん!」とコラボした「AK100II けいおん!エディション」は500台限定で5月27日に発売。価格はオープンで、99,800円前後での販売が想定される。予約受付開始は本日4月28日の19時から。販売するのは同社直販サイトのアキハバラe市場のほかe☆イヤホン、きゃにめ.jp、フジヤエービック。今回のコラボモデルは、6月上旬から開始されるハイレゾ音源を最高の音質で楽しむことを目的に、ポニーキャニオンから企画提案したもの。本体やケース、パッケージが「けいおん!」独自仕様となっているほか、ハイレゾ音源もプリインストールされています。「AK100II けいおん!エディション」は本体色がローズゴールド。本体に「K-ON!」オリジナルロゴと、放課後ティータイムのメンバーイラストが刻印されている。またボリュームダイヤルにも「HTT」の文字が施されている。またイタリアンPUレザー製のオリジナルケースにも、外側に「HTT」ロゴを刻んでいます。「AK100II けいおん!エディション」には、2011年にさいたまスーパーアリーナで行なわれたライブ「Come with Me !!」のセットリストを再現した全26曲(楽曲そのものは25曲目をのぞきスタジオ音源)に加え、本モデル用のボーナストラックとして「私の恋はホッチキス」をプリインストール(96kHz/24bit)。「春のヘッドフォン祭 2016」では、29日11時30分から、6FチャペルでAstell&Kernの新製品発表会を開催。「世界に先駆けてAstell&Kernのニューカマーを体験できる」としています。ほか、AK380/AK Jrなどのプレーヤーや、Layla IIなどのイヤフォン、Mojo、HugoなどのCHORD製品なども紹介。参考展示品としてMASTER & DYNAMICのMW60、MH30 SILVER/WHITE、DITA Brass、BUROSON AUDIOのCONDUCTOR V2+などの未発売製品も出展予定となっています。



引用元: ・【iriver】 DAP AKシリーズ 統合スレ 13台目http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1457791686/

DUNU DN-2002 新フラグシップイヤホン 祭りでも展示!新作も期待?

DUNU DN-2002 新フラグシップイヤホン 祭りでも展示!新作も期待?

2016-05-01 17:38:45

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
DN-2002 2BA+2Dynamic hybrid earphone ケーブル着脱式ハイブリッドイヤホン



4月29日・30日の両日、中野サンプラザで開催されている「春のヘッドホン祭2016」。サウンドアースは、DUNUブランドから4月25日に発売されたばかりの新フラグシップイヤホン「DN-2002」を出展。価格は49,800円(税込)。ダイナミックドライバーとBAドライバーを各2基ずつ搭載したハイブリッドタイプのカナル型イヤホン。再生周波数帯域は10Hz~40kHzをサポートするハイレゾ対応機。ダイナミックドライバーの口径は10mmで、チタニウム製ダイアフラムを採用。ケーブルは着脱式で、DUNUの純正ケーブルでのリケーブルにも対応。感度は106±2dB、インピーダンスは10Ω、プラグ形状は3.5mmステレオミニ、ケーブル長は1.2mで、質量は24g。サウンドアースは、DUNUブランドのハイブリッドタイプのハイレゾ対応イヤホンで1ダイナミック+3 BAドライバーの「DK-3001」1ダイナック+4 BAドライバーの「DK-4001」を参考出展して注目を集めていました。引用元: ・DUNUのイヤホン part.3http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1460711120/

Music Maker Tingのレビュー

Music Maker Tingのレビュー

2016-05-01 17:39:05

該当記事へ

このイヤホン・ヘッドホン記事の概要:
Music Maker Tingです。現在68ドルで販売されているインナーイヤーイヤホンですが、HCKさんからは55ドルの割引価格で購入することが出来ます。詳細はこちら特徴等・インナーイヤーイヤホン・真ん中に穴の開いたイヤーパッドが付いている、イヤーパッド無しでもそれなりの音だが、基本的にはイヤーパッドをつけた状態の音のほうが好ましく感じる。(付けないとかなり高音域寄りになる)・今回のレビューは付属の穴空きイヤーパッドを付けた状態での音質 ãƒ»ã‚±ãƒ¼ãƒ–ルは比較的しなやかで取り回しは良い・見た目は写真よりも実機は結構奇麗で、イヤホン部はしっかりとした金属で質感も悪くない・装着感は良好、大きさはShozy cygnusã‚„Yuin PK1より少し大きく、VE MONK等より少し小さい音質評価 □□□□ ・音はなかなか良い。55ドルという価格ならなかなか良い部類に感じる。・音のおおまかな印象は 「いかにもな明瞭で分析的な音。音の分離で過剰と思えるレベルで良く、テクニカルデスメタル等も余裕で分離するほど全体的に硬い音。音の明瞭さに関しては手持ちインナーイヤーでも1,2を争うほどの物があるが、かなり分析的な音なので面白味は少ないかもしれない。」・音のバランスは軽く高音域寄りの印象・高音域はかなり明瞭な音がなる。とても鮮明でハッキリとした音を鳴らすのだが、音の伸びはそこまで良くなく淡々とした音を鳴らす。ここまで鮮明な音でありながら、高音域に金属的な刺さり感等はあまり無く、変な強調感が無しに鮮明や音を鳴らしてくれる。・中音域は特に凹む事無くなる。こちらも淡々と鳴らす傾向で、あまり音の広がりや伸びは感じられず、とてもアッサリとした音が鳴る。中低域に膨らみのある音や味のある音を求めるなら、あまり向かない印象がある。・低音域はとてもタイトな音を鳴らしてくれる。テクニカルデスメタル等の音源も余裕で分離してくれる。あまり沈み込むような音は鳴らず、とてもタイトにアッサリとした音が淡々と鳴る。テクニカルデスメタル等の音数が異常に多い音源たちは「おお、ここまで分離するか」と感心しながら楽しく聴けるのだが、あまりに淡々と鳴らすためハードロック等では少し面白味に欠ける印象もある。・基本的にかなり分析的な音で良くも悪くも特徴の無い音である。 所謂デジタル的な音みたいな表現が私にはしっくりくる。・相性の良いジャンルはテクニカルデスメタルやデスラッシュ等の音源だろうか、とにかく音数がどれだけ多くてもしっかりと分離してくれるため、今まで「この音源はイヤホンじゃちょっとなぁ」と思っていた音源も問題無く聴けるのではないだろうか。55ドルという価格でここまで分離の良いイヤホンはそう無い・比較的相性の悪い音源は、ジャズ、ハードロック等、とにかく全体的にとてもタイトでハッキリ言えば面白味はあまり無い音なため、低音域の音の膨らみだとか、味のある音だとかを求めるような音源とは相性があまり良くない。音のバランス高音域□□□□□中音域□□□■低音域□□□■オススメ度□□□□・1万円以下のイヤホンで、ここまで明瞭で分離の良いイヤホンはそう多くないと感じるため基本性能はとても高いと思うのだが、あくまで淡々と鳴らしてくれるイヤホンでそこまで面白味のある音では無い事ともう少し全体的に音の伸びが欲しいという事からこの点数。・音の分離の良さという面ではShozyのCygnusをも上回るレベル。・1万以下で明瞭で分離の良いイヤホンを探している人にお勧めしたいイヤホン。見た目に反して驚くほど素直な音が鳴る。

過去記事

2016年5月1日 際立つソニーの存在感とハイレゾへの強い関心、ヘッドホン・イヤホンの所有率は『ソニー』が29%で首位

2016年5月1日 結局イヤホンは何千円くらいのものが音質良くてコスパいいのか?

2016年5月1日 ソニーのハイレゾ戦略は成功したか?ハイレゾ認知率7割。高級ヘッドホン利用率は3割がソニー

2016年5月1日 【春のヘッドホン祭2016】ULTRASONE 伝説再びTribute7 38万円 ヘッドホン業界はリサイクル期へ?

2016年5月1日 アニメ視聴が捗る音が漏れない3万円くらいのヘッドホンを真剣に実直に考えてくれ

2016年5月1日 俳優高橋克典が600万円の世界最高級ヘッドホン「HE-1」を試聴。「臨場感の再現力が違う」と絶賛

2016年5月1日 ヘッドホンはとにかくボリュームを上げろ、ヘッドホンの良さもDACの特徴も分かるようになるぞ

2016年5月1日 お前らって1万円以上のヘッドホン・イヤホンの違いなんて分からなそうだよなwwww

2016年5月1日 神イヤホン10proは今聴いてもいい音なんだろうか?

2016年5月1日 ヘッドホンバランス接続規格 世界に先駆け日本メーカーが「5極φ4.4mmプラグ」統一へ

2016年5月1日 ハイレゾ音源について語るべwwwwwwwwwww

2016年5月1日 【特集】際立つソニーの存在感とハイレゾへの強い関心、ヘッドホン・イヤホンの所有率は「ソニー」が29.0%で首位

2016年5月1日 電車で音漏れするイヤホン使ってるやつ

2016年5月1日 俺「高いイヤホン(3000円)は部屋、安いイヤホン(1200円)は外で使おう!」

2016年5月1日 イヤホン2000円→20000円 うわあああああすげええええええええええええええええええ

2016年5月1日 【速報】ワイ、最高級イヤホンを買う

2016年5月1日 100均で買えるナイスなヘッドホン/イヤホン語ってけwwwwww

2016年5月1日 【悲報】イヤホン、またも断線

2016年5月1日 ヘッドホン・イヤホンで聴くステレオ音源に前後や上下などない

2016年5月1日 SENNHEISER HE-1 ç´„600万円のヘッドホン!高橋克典さんも試聴イベントで絶賛!

2016年5月1日 DUNU DN-2002 新フラグシップイヤホン 祭りでも展示!新作も期待?

2016年5月1日 Astell&Kern AK100II けいおん! エディション K-ON! 新製品発表も【ヘッドフォン祭 2016】 

2016年5月1日 ヘッドホンのバランス端子がついに統一? JEITAが「5極φ4.4mmプラグ」規格化へ

2016年5月1日 上海問屋 DN-13578 4,999円のハイレゾ対応ハイブリッドイヤホン!

2016年5月1日 音茶楽 Flat4-玄Ti Plus(KURO Ti Plus)ほか ハイレゾ対応イヤホン「Flat4-玄/緋」のチタン削り出しモデル

2016年5月1日 1more E1001 triple 3ドライバー・ハイブリッド・ハイレゾ対応イヤホン 国内発売!

2016年5月1日 Marantz Professional MPH-2 ほか同社初のヘッドホン どこかのOEM?

2016年5月1日 UEブランドの米Logitech、BluetoothイヤホンのJaybirdを買収

2016年5月1日 SATOLEX Tubomi DH298-A1 3900円のハイレゾ対応イヤホン!

2016年5月1日 Music Maker Tingのレビュー